2016年5月2日月曜日

今日の私の勤務  ~施設ケアマネ編~


みなさんこんにちは。

今日の私の勤務は、施設ケアマネ編。

当施設は専任1名、兼任2名、3名体制。在宅復帰強化型となってからは、そりゃもうあれですよ、やりがい有り過ぎです...。

では、さっそくご紹介しまーす(^▽^)/



施設ケアマネのとある1日


 8:45 出勤 全体申送り~全利用者の状態変化把握~


 9:00 書類整理・プラン作成


10:00 在宅復帰予定の利用者様家族と面談~自宅での内服管理方法について相談
     し、自己管理用のボックスを活用することに決定。入所中に自分で管理できるよ
     う練習することとし、ご家族と情報を共有する。


11:00 合同カンファレンスの準備(2件):訪問準備


12:00 休憩


13:00 退所前自宅訪問~PT、CWと共に居宅へ。家屋評価、退所日調整、
     サービス調整


16:00 合同カンファレンス





17:00 在宅復帰予定者の居宅ケアマネと情報共有


17:30 日誌作成


17:45 退勤


私たち施設ケアマネージャーは様々な事情により入所されたご利用者が、リハビリや療養、生活訓練を経てご本人の望む暮らしに戻れるよう、施設職員、居宅介護支援事業所のケアマネージャーをはじめとした地域の支援者とチームを組み、マネジメント業務を行います。


ご本人同伴でご自宅へ訪問する機会が多いのですが、慣れ親しんだ家具、思い出の写真、いろいろな賞状やダンスの衣装などなど。それらに囲まれたご利用者は、施設では見ることのないとても素敵な表情をされます。


リハビリの時は乗り越えるのもの苦労していた段差も、自宅の間取りは身体で記憶しているのでしょうね、すんなり跨いでしまわれたり。そんな様子を目の当たりにすることもしばしばで、ご家族や療法士もビックリ!


訪問の目的は、自宅で安全・安心して暮らせるように家屋内評価をし、居宅ケアマネージャーと連携して福祉用具を選んだり、サービス調整をすることが主なのですが、その方が「人生でどんな事を大切にしてこられたか」という、物言わぬメッセージを受け取る場面でもあると感じています。


ケアマネージャーとなり2年目のまだまだ若輩者ですが、人生の大先輩であるご利用者のメッセージをしっかり受け止めて、今までの暮らしから断絶することなく、延長線上にある「在宅復帰」を支援していきたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿