2016年6月20日月曜日

今日の私の勤務 ~施設リハビリ編~


みなさんこんにちは(^3^)/ 

今日の私の勤務は、施設リハビリ編。理学療法士の先生よりご紹介させていただきます。

それでは参りましょう!



【施設リハビリ編】


こんにちは。


今日はみどりの杜の施設リハビリについて紹介します。


みどりの杜の施設リハビリは、病気や怪我の直後に行うリハビリと違い、


病院を退院し自宅で生活するのにまだ少し不安がある方、


自宅で生活されている方で、


脳卒中の後遺症や下肢の骨折の後遺症、


または膝関節の痛みのため歩行が困難になってきたり、


日常生活動作が低下してきた方、


家に閉じこもることにより体力が低下し日常生活の動作が困難になってきた方


などさまざまな方が対象です。


そのため、入所される方の目標も在宅復帰であったり、


次の施設への待機、


介護されるご家族のレスパイトなどさまざまですが、


その方に合わせて運動療法を中心に歩行の改善や日常生活動作の改善を目指していきます。


また、認知機能の維持向上をめざすリハビリも行っています。


リハビリも、リハビリ室の他に居室やフロアなど、在宅生活を想定してのリハビリを通じて日常生活でご本人の力を発揮していただけるようにしています。


日常の生活の中でご本人にに行って頂くリハビリをみどりの杜では「生活リハビリ」と呼んでいます。


これを行うことはベッドから車いすに乗り移る、トイレ動作を行うなど日常動作の向上にはかなり有効で、こと在宅復帰を目標にされている方には重要になります。


リハビリ職の行うリハビリだけでは時間が限られているので実施されているフロアの介護職員の方々には本当に感謝です。


このようにみどりの杜では、他職種共同でご利用者のサポートをさせていただいています。


みどりの杜に転職して2年目の私ですが、専門職(医師、看護職、介護職、リハビリ職、管理栄養士、支援相談員、ケアマネージャー)どうしの連携がとりやすいことを実感しています。


在宅復帰される方の喜ばれる姿は、この仕事をやっていて良かったと感じる瞬間です。これからも多くの笑顔を提供できるよう頑張ります!



0 件のコメント:

コメントを投稿