2016年7月14日木曜日

あなたの知らない委員会 ~安全管理委員会~


ミナサンコンニチハ!

キョウモ アツイデスネー トケソウデス(;´Д`A

さて、本日ご紹介する委員会は「権利擁護チーム」です。

施設開設当初は「事故防止対策チーム」として活動し、一昨年より身体抑制廃止推進チームとなり、今年度からそれらを網羅した『権利擁護チーム』として活動することとなりました。

それではさっそく参りましょう!


【安全管理委員会・権利擁護チーム】


こんにちは!安全管理委員会・権利擁護チームです。


私たちの委員会は、「事故防止に努め、ご利用者の権利を守る」事を主たる目的として活動しています。


今年度の最大テーマとしては、
 〇在宅復帰を支援する為に、ケアプランと連動させながら多面的な事故防止対策をとる
 〇不適切なケアの防止、適切なケアの検討をはかる
 〇これらを遂行しつつ、ご利用者の権利を守る
です。


毎月委員会を開催し様々な議題を検討していますが、最近では、
 〇事故とヒヤリハットの評価
 〇椅子や施錠の点検
 〇センサーの適正評価
などを検討しました。


その他に勉強会の開催も大事な仕事の一つとして挙げています。


7月は新人職員を対象とした「急変時の対応」について研修を開催しました。




 『ご利用者の意識がありません!』
            その時あなたはどう動きますか?


 『なんとなくいつもと違う。生活はそんなに変わりはないけれぼ』
            そんな様子をあなたは気づけますか?


などを、委員会の代表と看護師長、その他に看護師が1名講師として加わり、グループセッションを行いました。委員会が伝えたかったことがうまく伝わったかな?


今年度はあと2回勉強会を予定しています。


活動を通して、さらなる質の向上に努め、ご利用者が安全に、安心して施設でも、在宅でも生活して行けるよう頑張りたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿